今すぐお金が必要な方はこちら >>

お金を借りる時に家族や友人が納得する理由・言い訳|怪しまれずに借入

お金の達人ジャッキー
お金の達人ジャッキー

お金に困っており、お金を借りる最適な理由について考えを巡らしている人必見!

 

このページでは、親族や友達からお金を借りるのに最適な言い訳や理由を徹底解説!

 

まとまったお金を借りる理由やお金を借りる際の注意点についても紹介しているぞ。

家族や友人納得してお金を貸してくれる言い訳とは?

 

親族であれ金融機関であれ、お金を借りるときは相手が納得する理由が必要になることが多いです。

ただ、本当のことがどうしても言いづらいということもありますよね。

緊急にお金が必要になり、かつ本当のことが言えないときは別の理由や言い訳を用意するしかありません。
そこで、今回はお金を借りるときの理由や言い訳としてよく使われるものを紹介します。

人からお金を借りる時のマナーや借用書の作り方については以下の記事をご覧ください。

【注意】人からお金を借りる時に気をつけたいルールやマナーについてまとめました
お金に困ったときに、家族や知人からお金を借りる人もいるかと思います。無利息もしくは低金利で借りることができる借り方ですが、気をつけるべきルールやマナーがあります。ここではどのような点に気をつければいいのかについて解説しています。

このページの要点をざっくり言うと

  • お金を借りるときは、借りる相手に合った理由を用意するのが肝心。また、相手が納得できる理由があると借りやすい。
  • お金を借りる理由として使うべきでない理由もある。典型的なのはギャンブル
  • 親族や友達にお金を借りるなら、その後の関係に影響が生じることを覚悟すべき。また、契約書を交わすのがおすすめ。
  • お金を借りるときにいちいち理由や言い訳が必要なのを面倒に感じるなら、カードローンを検討するのも1つの方法。
      1. このページの要点をざっくり言うと
  1. 親族からお金を借りるのに最適な言い訳/理由
    1. 冠婚葬祭でお金が必要になった
    2. 給食費や授業料が払えない
    3. 生活費が足りなくなった
    4. 光熱費が払えない
    5. 旅行に行きたい
    6. どうしても欲しいものがある
    7. 交通違反の反則金が払えない
    8. 引越しの費用が足りない
    9. 将来のために資格を取得したい
  2. 友達からお金を借りるのに最適な言い訳/理由
    1. 冠婚葬祭で急にお金が必要になった
    2. 財布を落とした、なくした
    3. 親が急病になった
    4. 大事な飲み会がある
  3. 使わない方が良い理由/言い訳
    1. 次の給料ですぐに返せる
    2. ギャンブルで一発当てて返済する
    3. 絶対に価格の上がる株の銘柄を知っている
    4. 美容整形したい
    5. 悪質なウソをつく
  4. まとまったお金を借りる言い訳/理由
    1. 家族のために車を購入したい
    2. 英会話スクールに通いたい
    3. 友達の連帯保証人になっており、返済を迫られている
  5. お金を借りる際の注意点
    1. 関係悪化を覚悟する
    2. 親族や友達にお金を借りるときは、借用書(借用証)を用意する
    3. 悪質なウソでお金を借りるのは詐欺罪にあたる
  6. カードローンの利用について
    1. カードローンは言い訳せずに利用可能
    2. おすすめのカードローン
      1. アコム
      2. レイクALSA
    3. カードローンでお金を借りる理由として認められないもの/敬遠されるもの
  7. Q&A
    1. Q1.会社からお金は借りられる?
    2. Q2.個人間のお金の貸し借りで起きやすいトラブルは?

親族からお金を借りるのに最適な言い訳/理由

お金を借りるときは、理由を尋ねられることが多いです。

しかし、本当の理由が言いづらいことは珍しくありませんよね。

また、借りる相手に合った理由というものがあります。

ここでは親族からお金を借りるときに最適な言い訳/理由を紹介します。

冠婚葬祭でお金が必要になった

冠婚葬祭でお金が必要というのはとても自然なので、お金を借りる理由としては使いやすいと言えるでしょう。

特に結婚式のご祝儀は友達であっても3万円程度の金額が一般的で、重なることも決してあり得ないことではないので、親族が相手なら切り出しやすい理由です。

ただし、この理由を何度も使えば不審に思われるかもしれませんので注意しましょう。

給食費や授業料が払えない

子どもの給食費や授業料は家計の中でも優先度が高いので、もっと節約すれば自分で払えるだろうと思われても、とりあえず貸してもらえる可能性が高いです。

特に祖父や祖母であれば理由はともあれ孫の役に立てることそのものに喜びを感じるものなので、本当の理由を追求されることもあまりないかもしれません。

生活費が足りなくなった

あなたが若ければ特に詳しい理由を説明せず、漠然と「生活費が足りない」と相談しても、お金を貸してもらえる可能性は高いです。

親なら若いうちは無計画にお金を使ってしまうことがあることを自身の経験から承知しているものです。

そのため、何にいくら足りないということを説明しなくても、お金を貸してもらえることのほうが多いでしょう。

光熱費が払えない

お金を借りる理由として光熱費が払えないというのは即効性が期待できる理由です。

なぜなら、水道や電気は1度の滞納ですぐに止まるわけではないので、これらが止められそうだというのはかなり切羽詰っていることが想像できるからです。

まとまった金額は期待しづらいですが、光熱費が払えないというのはお金を借りやすい理由と言えます。

旅行に行きたい

旅行に行かなくても生きていくことはできるので、単に「旅行に行きたい」というだけでお金を借りるのは難しいかもしれません。

しかし、子どもの頃からの夢を実現するための旅行であったり、サークルなどの付き合いでどうしても参加しておきたい旅行のためのお金であったりするなら貸してもらえるかもしれません。

旅行を理由とするなら少し、具体的な理由を考えておくのがおすすめです。

どうしても欲しいものがある

これも旅行と同じで、きちんとなぜ必要なのかということを説明できなければ、親族が相手でもお金を借りることができない可能性があります。

たとえば車を買いたいから200万円ほど貸してほしいと言っても、中古車やレンタカーではダメなのかと言われ、希望の金額を借りることができないかもしれません。

そのため、相手が納得できる理由を用意する必要があります。

交通違反の反則金が払えない

交通違反の反則金も2~3万円くらいになることは珍しくありません。

お金を借りる親族が、交通違反の取り締まりが理不尽であることをよく知っているならこの理由が使えるでしょう。

でも、車を運転しない人にはあまり理解してもらえず、自業自得と思われて貸してもらえない可能性も考えられます。

引越しの費用が足りない

引っ越しはまとまった費用が必要になります。特に築浅の物件に引っ越す場合は今でも敷金・礼金を支払う必要があることが多いので、家賃5~6万円程度の物件であっても20~30万円くらいの初期費用がかかることもあります。

引っ越しの理由として納得できる説明をできるかどうかがポイントになるでしょう。

将来のために資格を取得したい

難関資格を取るためには専門学校に通ったり通信講座を受講したりする必要があるため、資格によっては数十万円のお金がかかることもあります。

その資格が将来の役に立つことがわかっていれば、親族ならお金を貸してくれるかもしれません。

友達からお金を借りるのに最適な言い訳/理由

親族からお金を借りるのと比べれば、他人である友達から借りるのはやや難易度が上がります。

友達からお金を借りる場合は、かなり親しくないと難しいでしょう。

また、お金を借りたことがきっかけで距離を置かれるリスクも考えておく必要があります。

冠婚葬祭で急にお金が必要になった

冠婚葬祭は、相手が親族であればわりと容易にお金を借りられますが、友達であっても意外とお金を借りやすい理由と言えます。

特に若いうちは結婚式に呼ばれる機会が多く、1件あたりのご祝儀の相場が高額なため負担になるものなので、結婚式が続いたと言えば怪しまれずお金を借りることができるかもしれません。

財布を落とした、なくした

あなたの友達が、財布を落としたりなくしたりして困っていると連絡してきたら、とりあえずお金を貸しませんか?

貸すほうからすれば相手に緊急性があると感じる理由なので、お金を借りやすい理由ではあります。

しかし、まとまった金額は期待できないので、本当の理由でなければあまりおすすめできません。

親が急病になった

入院を必要とするような病気にかかればまとまったお金が必要になるので、友達から借りる場合でも比較的、借りやすい理由と言えるでしょう。

ただし、あまり親しい友達だとお見舞いに行きたいと言われるかもしれませんし、病状について詳しく尋ねられる可能性もあるので、お金を借りる理由としてはあまりおすすめできません。

大事な飲み会がある

仕事によっては付き合いの飲み会を断りにくいということもあります。

あなたがお金を借りようとしている相手がそのことを知っているのであれば、お金を借りられる可能性はそれなりにあるでしょう。

ただし、これもまとまった金額は期待しにくく、何度も借りるのは難しいことを承知しておく必要があると言えます。

使わない方が良い理由/言い訳

どんなにお金が必要でも、理由や言い訳として使ってはいけないものもあります。

お金が借りられないだけでなくあなたの信用にもかかわるので、以下の理由でお金を借りるのはなるべく避けましょう。

次の給料ですぐに返せる

他人に対して積極的にお金を貸してくれるのは金融業の人だけです。

そのため、通常はお金を必要としているそれなりの理由がなければ貸してもらえないものです。

詳しい事情を説明せず「次の給料ですぐに返せる」とだけ言う人は信用できないと感じる人が多いので、仮にそのつもりでも、先にきちんとした理由を説明するべきです。

ギャンブルで一発当てて返済する

ギャンブル好きがよく使う理由です。

ギャンブルのためのお金を借りるというのは、そのギャンブルで勝てていないからと考えるのが普通です。

「一発」が来る確率は低く、返済がいつになるかもわかりませんし、お金を借りてまでギャンブルをするというのはお金にだらしないという印象しか与えません。

そのため、ギャンブルはお金を借りる理由として使わないほうが良いことは明らかです。

絶対に価格の上がる株の銘柄を知っている

株価が上がるという予想はインサイダー(関係者)でもない限り、絶対に当たることはありません。

また、株=ギャンブルというイメージを持っている人も多いため、お金を借りてまで株に投資するギャンブラーと思われるリスクもあります。

そのため、これもお金を借りる理由としては使うべきではありません。

美容整形したい

自分の子どもが美容整形をすることに賛成する親は、日本ではそれほど多くないでしょう。そのため、親がお金を貸してくれる確率はそれほど高くないと考えられます。

また、友達から借りるにしても美容整形が理由では、前向きに検討してもらえない可能性が高いです。

そのため、他の理由を考えるのがおすすめです。

悪質なウソをつく

人は多かれ少なかれウソをつくものですが、ウソが発覚したときにダメージが大きいと予想されるような、悪質なウソをつくべきではありません。

人間関係は確実に壊れますし、たとえバレなくても後で罪悪感に悩まされる可能性が高いです。そのこともあり、悪質なウソはおすすめできません。

まとまったお金を借りる言い訳/理由

数万円くらいのお金ならともかく、100万円を超えるようなまとまったお金を借りるなら、特にしっかりした理由が必要です。

あなた自身が貸す側になったと考えればわかるでしょうが、理由も聞かずに100万円ものお金は貸しませんよね。

そのため、相手が納得するまで質問される可能性が高いと考えておいてください。

家族のために車を購入したい

車がなければ生活できない地域も多いので、そうしたところであれば、家族が利用するためなら理由としては納得しやすいと言えます。

車なら中古車でも100万円を超えることは珍しくないので、お金を貸す側も納得しやすいと言えるでしょう。

都心に住んでいるなら電車移動やレンタカー・カーシェアではなぜダメなのかと説得される可能性が高いので、やや難しいかもしれません。

英会話スクールに通いたい

外国人講師を雇い、教室を構えてレッスンをする本格的な教室であれば、入学するのにまとまったお金が必要になることも珍しくありません。

英語習得の必要性をきちんと説明できれば、借りられる可能性は十分にあります。

ただ、今はインターネットだけでレッスンを受けられる教室も増えているので、相手がそうした事情に詳しいと貸してもらえない可能性もあります。

友達の連帯保証人になっており、返済を迫られている

連帯保証人という仕組みを理解している人であれば、それが本当なら困っているだろうということは容易に想像がつくでしょうから、相手が親族ならお金を借りやすいかもしれません。

ただ、貸す側からすれば積極的にお金を貸す理由にはなりにくいので、高額になればなるほど借りにくくなるでしょう。

お金を借りる際の注意点

お金を借りるときは今をしのぐことに意識が集中しがちですが、借りる前の時点で借りた後のことをしっかり考えておくことが大事です。

ここではお金を借りる際の注意点を3つ、解説します。

関係悪化を覚悟する

住宅ローンのように、購入するときにお金を借りることが一般的な買い物であれば問題ありませんが、生活費が足りない場合や旅行が目的でお金を借りるということに対しては、あまりいい印象を持たない人のほうが多いはずです。

そのため、お金を借りる理由によっては仮に借りることができたとしても、その後の関係がギクシャクする可能性があることは覚悟しておく必要があります。

親族や友達にお金を借りるときは、借用書(借用証)を用意する

たとえ、お金を借りる人が親であったとしても、借用書を用意して利息もきちんと支払うのがおすすめです。

相手が友達であればなおさらです。お金を借りるなら、借用書を用意するのは当然と考えておきましょう。

借用書には借入金額を記載することはもちろんですが、その他、利息や返済期日、返済方法などを記載し、署名・押印して双方が保管することがポイントです。

悪質なウソでお金を借りるのは詐欺罪にあたる

詐欺とは他人をだましてお金や物を奪うことや、損害を与えることを言います。

相手のための善意のウソならともかく、自分がただお金を借りたいというだけの理由で悪質なウソをつくと、発覚したときに法的な措置をとられるかもしれません。

悪質なウソは犯罪だということを自覚し、気軽な気持ちでウソをつかないようにしましょう。

カードローンの利用について

カードローンとは、銀行や消費者金融から発行される専用のローンカードを利用してお金を借りる方法です。ネットからの申し込みが可能でお金を使う目的について問われず、毎月の返済額を柔軟に変更できるのが特徴です。

クレジットカードのキャッシングよりも一般的に金利が低いというメリットもあるので、親族や友達にお金を借りにくいならカードローンも検討してみてください。

カードローンは言い訳せずに利用可能

金融機関からお金を借りるときは、「住宅ローン」「教育ローン」などのように使い道を限定される場合とそうでない場合があります。後者を「フリーローン」と言います。

フリーローンは使途が限定されているローンと比べてやや金利が高くなりますが、いちいち理由を問われないので言い訳を考える必要もなく、審査に通ってしまえばその枠の範囲で自由にお金を借りたり返済したりすることができるのが最大のメリットと言えます。

おすすめのカードローン

消費者金融カードローンは総量規制による借入限度額があるものの、銀行系カードローンに比べて審査が早いという特徴があります。

また、一般的に銀行系カードローンよりも基準がやや緩く、安定した収入があれば融資を受けられる可能性が高いと言えます。

お金を借りたいけれど審査に通るか不安という場合は、消費者金融カードローンを検討してみましょう。ここではアコムとレイクALSAを紹介します。

アコム


「はじめてのアコム」というCMで有名なアコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融です。

初めての借り入れでは契約日の翌日から30日間は無利息なので、30日以内に返済すれば利息はかかりません。

借り入れはインターネットのほかコンビニATMを利用することができ、金利は3~18%の間で設定されます。

審査結果は最短30分でわかり、契約・カードの発行も即日で可能なので、急ぎの借り入れに対する対応力が高いです。

アコムで今すぐお金を借りる

レイクALSA

レイクALSAは新生銀行グループの消費者金融です。

Web申し込み限定ですが、はじめての借り入れでは契約の翌日から60日間、利息はかかりません。

また、借入金額が5万円までなら無利息期間は180日間と長く設定されています。

21時(日曜日は18時)までに契約手続きが完了した場合は当日中に振込が可能なので、急ぎの借り入れでも利用できます。

金利(実質年率)は4.5~18.0%で、利率は利用状況に応じて見直しされたり優遇金利の適用を受けたりすることが可能です。

レイクで無利息の借り入れをする

カードローンでお金を借りる理由として認められないもの/敬遠されるもの

カードローンは、審査に通ってしまえば枠の範囲内で自由にお金を借りたり返済したりすることができますが、申し込みの段階では利用目的を尋ねられることがあります。

このとき、「使わない方が良い理由/言い訳」のところで解説したようなものが理由だと、審査に悪影響を及ぼす可能性があります。

そのため、消費者金融カードローンでも収入さえあれば審査に通るとは限らない点を覚えておいてください。

Q&A

以上のほか、カードローンについてよくある質問について解説します。

  1. 会社からお金は借りられる?
  2. 個人間のお金の貸し借りで起きやすいトラブルは?

Q1.会社からお金は借りられる?

大きな会社であれば社内で公式の「従業員貸付制度」を設けていることがあります。

この場合は社内に規程があるはずなので、利用を考えているなら規程をよく読んで借り入れや返済の条件について確認しましょう。

また、中小企業であれば社長に「給料の前借り」をお願いするというのも1つの方法です。

給料の前借りというのは社長の肚一つで決まるものというイメージがあるかもしれませんが、緊急性が高く、かつ一定の理由がある場合は前借りを受けられることが労働基準法で定められています。

Q2.個人間のお金の貸し借りで起きやすいトラブルは?

個人間のお金の貸し借りではトラブルが起きがちです。

借主側から見たトラブルの例を挙げると、たとえば1年間で返済する約束だったのに、急に全額を返してほしいと迫られるようなケースや、すでに返済した金額を受け取っていないと言われるようなケースです。

こうした問題を防ぐためには借入時に借用書を交わしたり、返済するときは銀行振込にして返済の記録を残したりするなどの工夫が必要です。

相手が親族なら深刻なトラブルになる可能性は低いでしょうが、友達など他人の場合はあり得るので注意してください。

お金の達人ジャッキー
お金の達人ジャッキー

やっぱり知人から借りるのはちょっと…と思ったら、それ以外の借りる方法も検討したほうが良い。

下のページをぜひ参考にしてくれ。

今すぐお金が必要!こんな時どうする?
今すぐお金が必要なのに手元にほとんどない、こんな時どうする?を解決。借入ジャッキーでは、あと少しお金が足りない時に使える方法をご紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました