今すぐお金が必要な方はこちら >>

ネットの個人間融資は危険がいっぱい。闇業者のだましの手口、トラブルなどまとめ

誰かわからない人 方法

お金の借り方として、金融機関を利用するというのが一般的ですが、それ以外にも個人間融資という借り方もあります。

例えば、親に借りるというのも個人間融資の一種です。

そのような借り方なら問題ありませんが、実はとても危険な個人間融資があります。

それがインターネットを利用した個人間融資です。

なぜ危険なのか、どのようなトラブルに巻き込まれる可能性があるのか、詳しくご紹介していきます。

このページで分かること

スマホを見つめる二人の女性

お金の達人ジャッキー
お金の達人ジャッキー

友達同士でお金を貸し借りするような分には何の問題もないが、ネットを通じてやり取りする時には思わぬトラブルが潜んでいる。

個人間融資そのものは違法ではありません。

ただ、そこで違法な貸付をする闇金業者がいたり、人を騙してお金を奪い取ろうとする詐欺師がいたりするため、個人間融資はとても危険な借入方法です。

どれだけ注意していても、個人情報を売られてしまうなどのリスクは回避できません。

知らない人にお金を借りるというのは、リスクが大きくリターンが小さな借り方です。

一見するととても便利な借り方ですが、その便利さの裏にはいくつもの危険が潜んでいます。

個人間融資は絶対に利用せずに、必ず正規の金融機関から借り入れしましょう。

個人間融資とは?

個人間融資とは、企業からお金を借りるのではなく、個人同士でお金の貸し借りをすることをいいます。

飲み会などでお金が足りず、友人にお金を借りた経験がある人もいると思いますが、広い意味ではこれも個人間融資です。

個人間融資というのは、もちろん法律で禁止されていません。

それを禁止されると、親からお金を借りたりすることもできなくなりますし、立て替えなどもできなくなるのでとても不便ですよね。

ただし、禁止されていなのをいいことに悪用する人が増えています。

それがインターネットの掲示板やSNSなどを利用した個人間融資で、若い人を中心に利用者が増えています。

掲示板やSNSを利用した個人間融資も違法ではなく、ただのプラットフォームとして存在するだけです。

問題はそれを利用する人にあります。

違法な金利で融資を受けたり、詐欺などのトラブルにあったりする可能性がとても高く、犯罪の温床になっているのがネット上の個人間融資です。

 SNSや掲示板サイトなどを通じて、見知らぬ人同士が金銭の貸し借りをする「個人間融資」に関する相談が全国の消費生活センター等に寄せられています。

相談事例では、違法な高金利による貸付けが行われたケースもあり、SNSや掲示板サイトなどを通じた「個人間融資」で、見知らぬ相手から借入れをしないよう消費者に注意を呼び掛けます。

引用元:独立行政法人 国民生活センター「SNSなどを通じた『個人間融資』で見知らぬ相手から借入れをするのはやめましょう!」

でも、これだけではどれくらい危険なのか分からないかと思いますので、順を追ってそのリスクの高さについて解説していきます。

危険な個人間融資と安全な個人間融資の違い

立ち入り禁止のテープ

・ 個人であっても、反復継続する意思をもって金銭の貸付けを行うことは、貸金業に該当します。

・ 不特定多数が閲覧可能なSNS等で「お金を貸します」、「融資します」などと書き込んで、契約の締結を勧めることは、貸金業法の規定に抵触する場合があります。

・ 個人を装ったヤミ金融業者により違法な高金利での貸付けが行われるほか、更なる犯罪被害やトラブルに巻き込まれる危険性があります。

引用元:金融庁「SNS等を利用した『個人間融資』にご注意ください!」

知り合いとの個人間融資:安全
知らない人との個人間融資:危険

個人間融資の危険性については、このようにシンプルに考えてください。

知っている人同士での貸し借りは、トラブルに巻き込まれる可能性はほとんどありません。

返済できなくて縁を切られるというような別の問題はありますが、犯罪につながるようなことはありません。

危険なのは知らない人から融資を受けるケースです。

お金の達人ジャッキー
お金の達人ジャッキー

全く知らない人が突然自分にお金を貸してくれるなんて、普通は無いことだ。

街で通りすがりの人に「お金を貸して欲しい」と頼まれたとき、何の疑問も抱かずに貸したりしませんよね。

あやしいと思って断るはずです。

掲示板でお金を借りるというのは、通りすがりの人に「お金を貸して欲しい」とお願いしているようなものです。

明らかに不審な借り方なのに、それに対して貸すというのはどう考えてもおかしいですよね。

普通の感覚を持っている人なら、知らない人にお金を貸すことはありません。

それなのに貸す人がいるのが掲示板やSNSの個人間融資です。

ではどんな人がお金を貸そうとしているのでしょう?

実はネット上で個人間融資を行っているのは、違法な金利で融資を行う闇金業者がほとんどです。

闇金業者はHPなどを持つこともできませんので、このような掲示板やSNSを利用して集客を行っています。

個人間融資は、実態はともかく見た目は個人同士の取引ですので、トラブルがあっても民事不介入の原則から、警察が介入してくることはありません。

闇金業者はそれを知った上で、ネットを使った融資を行っています。

知らない人との個人間融資は、仕掛けられている罠にわざわざ足を突っ込むような行為だと考えてください。

自分だけは大丈夫と思うかもしれませんが、相手は騙しのプロです。

ほぼ間違いなく闇金業者の餌食になるだけですので、絶対に利用しないでください。

市役所でお金を借りるには?役所経由で申し込み可能な公的支援制度について
銀行や消費者金融で融資を断られた人は、生活福祉資金貸付制度を利用して、市役所でお金を借りることができます。ただし、使用用途に制限があり、誰でも借りられるわけではありません。どのような人が、どんな使用用途で利用できるのか解説しています。

危険な個人間融資の種類

口を大きく開くワニ

知らない人との個人間融資が危険だとお伝えしましたが、ここでは具体的にどのような種類の融資が危険なのかについてご紹介します。

この3つが個人間融資の代表的な例です。

それぞれの特徴や危険性について見ていきましょう。

個人間融資掲示板

ネット上には掲示板と呼ばれるサービスがありますが、その掲示板に金を貸したい人の情報が載っており、金利や条件なども記載します。

条件に合う人が「お金を借りたい」と連絡して、そこからは個別に取り引きを行います。

自分で借りたい条件を書き込むこともできます。

個人融資サイト

取り締まりが厳しくなってきたこともあり、最近は減ってきましたが、連絡フォームに必要事項(名前や住所、電話番号や職業など)を入力して送ると、管理者から連絡がくるという個人間サイトと呼ばれるサイトもあります。

そのほとんどが闇金業者の運営によるものです。

SNSの個人融資

TwitterなどのSNS利用者に個人的に融資を持ち掛けてくるのが、SNSの個人融資です。

迷惑メールなどに近い手法で、SNSでお金に困っているような投稿をしている人をターゲットに、融資話を持ちかけてきます。

もちろんその融資を行っているのも闇金業者です。

どんな個人間融資なら安全?

個人間融資でも知り合いなら安全だとお伝えしましたが、もしかしたら掲示板やSNSでもいい人がいるかもしれません。

もしそんな人がいるなら安全に借りられますので、利用したいですよね。

そこで、ここではどんな人との取り引きなら安全なのかについてご紹介します。

利息制限法の範囲内で融資している

正しい個人間融資の利息の上限は利息制限法により、次のように定められています。

元金10万円未満:年20%まで
元金10万円~100万円未満:年18%まで
元金100万円以上:年15%まで

これ以上の金利でお金を貸し借りすることは認められていませんので、相手が誰であれ上限金利を超えての融資を行っていれば、それは違法行為になります。

ただし罰則がありませんので、それをいいことに闇金業者は、上限以上の金利で融資を行っています。

また、掲示板では上限金利で融資すると言っておきながら、実際に融資を行うときになって、高額な金利でないと融資しないと言い出すこともあります。

もちろんこれもNGです。

安全な個人間融資を行いたいのであれば、上記の金利以内の金利で融資を行ってくれる人と取引を行いましょう。

消費者金融でお金を借りるメリット。銀行にはない金利やサービスなどについて
即日でお金を借りることができるなど、とても使い勝手のいい消費者金融。銀行よりも金利が高いというデメリットはあるものの、それを上回るメリットがいくつもあります。ここではそんなメリットをご紹介しながら、利用時の注意点について解説しています。

手数料を請求しない

個人間融資の詐欺トラブルでよくあるのが、「融資を行うので手数料を払ってください」と言われ、手数料を払ったら連絡が取れなくなったというものです。

もちろん手数料は騙し取られたわけですので戻ってくることはありません。

そもそも金融機関から借りるときでも、手数料を請求することは禁止されています。

実際に手数料がかかるとしても、それも含めて金利設定にして融資しなくてはいけません。

このため、お金の貸し借りでは手数料というものがそもそも発生しません。

それを請求してくること自体がおかしいのだと考えてください。

このため、手数料が必要だという個人間融資は利用しないでください。

金利による利息だけ請求してくる人を探して、取引を行ってください。

安全な個人間融資は存在しない

上記の2つの条件をクリアしている書き込みは意外とたくさん見つかります。

でも、それはあくまでも表面上のもので、取り引きを始めてみると金利を引き上げたり、違法行為を手伝わされたりと、とてもリスクが高い貸付けだったりします。

基本的に100%安全な個人間融資など存在しません。

常に被害にあうかトラブルに巻き込まれるリスクがあり、そこから大きな事件に発展する可能性もあります。

どのような事件やトラブルが発生しているのか、次章ではその実例をご紹介していきます。

個人間融資の被害例

床に倒れ込む女性

個人間融資での被害例としては、このようなものが挙げられます。
それぞれの被害例について見ていきましょう。

法外な金利で貸付される

こちらはすでに説明しましたが、最初は一般的な金利でお金を貸すという約束だったのに、色々と難題を吹っかけられた挙句、法外な金利を要求されてしまうのが、典型的なケースです。

このときの金利はトサン(10日で3割)やトゴ(10日で5割)といったもので、お金に困っているではとても返済できない高額な利息を請求されます。

返済できない場合は利息だけの返済でもいいとしてもらえますが、結局それも返済できずにまた利息だけを払うというのを繰り返すことになります。

利息も払えない場合には、厳しい取り立てが待っています。

手数料詐欺

手数料詐欺もお伝えした通りです。

「手数料を払ってくれれば金利を下げる」といった誘い文句でうまく手数料を支払わされますが、そもそも手数料を請求することがNGです。

しかも手数料を払ったのであれば、金利が下がっても意味がありません。

こんなことで騙される人なんていないと思うかもしれませんが、現実に多くの人が手数料詐欺に合っています。

手数料を最初から要求するような個人間融資は、詐欺だと判断してください。

個人情報を悪用される

お金を貸す側は、どこの誰か分からない人に融資すると逃げられる可能性があるため、運転免許証の写真などを送るように言ってきます。

これだけならよくあることですが、その個人情報を悪用して、他の金融機関からお金を借りられてしまうというような詐欺行為が発生しています。

「振り込むから」ということで伝えた口座番号を闇金業者に売られてしまい、闇金業者が勝手に振り込みをして「融資したから利息をつけて返せ」と押し貸ししてくるというようなケースもあります。

このような被害は対策の打ちようがありません。

これが個人間融資を利用するのが危険だと言われている理由のひとつでもあります。

利息を体で払うように言われた

少し明るめな夜の繁華街

男の手口は「ひととき融資」と呼ばれ、性的関係を見返りに、インターネットで知り合った女性らに金を貸し付けるというものだ。

ひととき融資をはじめ個人間の融資は近年になって急増。

厳格な審査のない手軽さなどが背景にあるとみられるが、警察は「ヤミ金の新たな手口」と警戒感を強めている。

引用元:産経新聞「利息は体で…ネット上に潜む『ひととき融資』のわな」

お金の達人ジャッキー
お金の達人ジャッキー

事件にまで発展してしまっている「ひととき融資」。

いくらお金が必要でも、自分のことは大切にしてくれ。

女性が借りた場合、利息を払うかわりにわいせつな動画を要求されたり、「会ってくれたら融資します」と誘い出して、強引にホテルに連れ込まれたりするなどの被害も発生しています。

要求に応じても融資をしてくれないこともありますので、絶対にそのような要求をしてくる人と取り引きはしないでください。

FX口座の開設や出会い系サイトの登録をさせられた

「融資をするから、サイトのバナー経由で◯◯というサイトで登録してください」というような条件を出されることもあります。

これはアフィリエイトと呼ばれるもので、広告収入目的で口座開設やサイト登録をさせています。

このケースでも、実際に融資をしてもらえることはまずありません。

質屋でお金を借りる前に!意外に知らないデメリットや注意点まとめました
質屋はブラックの人でもお金を借りることができますが、銀行や消費者金融と比べると金利が高く、返済できなかったときには質入れしたものを手放すことになります。ここでは、そのようなデメリットも含めて、質屋の正しい利用方法をご紹介しています。

個人間融資は使わず正規の金融機関を利用する

個人間融資がいかに危険なのかを理解してもらえたかと思います。

知らない相手にお金を借りるということは、リスクしかありません。

きちんと融資を受けられているように見えても、裏で個人情報を売られている可能性もあります。

高額な利息を請求される可能性もあります。

その可能性というのが決して低いものではなく、かなりの高確率で発生すると考えてください。

そして、そこでトラブルになっても誰も守ってくれません。

もちろん、借りたお金は返さなくてはいけませんので、ハイリスクローリターンなお金の借り方だと認識してください。

そのような個人間融資に頼らなくても、安定した収入があれば消費者金融でお金を借りることができます。

中小の消費者金融ならブラックリスト入りした人でも、少額なら融資をしてくれることもあります。

個人間融資のような危険な借り方をするのではなく、必ず正規の金融機関から借りるようにしてください。

ブラックでもお金を借りたい。絶対困難な状況で、お金を調達する方法
債務整理をした人や、何度も延滞を繰り返すなどした人は金融ブラックになって、どこからも融資を受けられなくなってしまいます。それでもお金を借りたい人が、どうすれば融資を受けることができるのか、分かりやすく解説しています。
タイトルとURLをコピーしました