借入ジャッキー|お金の達人が教える上手な借り方

生命保険の契約者貸付制度とは?生命保険でお金を借りる場合の概要とメリット

保険証券ファイル 方法

少しまとまったお金が必要だけど、銀行や消費者金融からは借りることができない。

そんなときに積立型の生命保険に加入しているなら、それを解約してお金を用意しようと考える人もいるかもしれません。

でもちょっと待ってください。

その生命保険を解約することなく、お金を借りる方法があります。

それが契約者貸付制度というもので、多くの保険会社がこの制度を利用した貸付けを行っています。

ここではそんな契約者貸付制度を使って、生命保険でお金を借りる方法についてご紹介していきます。

このページで分かること

積み立て型の生命保険に加入していれば、解約払戻金を担保にして保険に加入したままお金を借りることができます。

審査もなく低金利で借りることができ、さらには返済期日もありませんので、返済に追われることもありません。

返済できないと満期金から差し引かれ、借入金額と利息の合計が解約払戻金を超えると保険が失効するようなこともありますが、返済計画をきちんと立てた上で利用すれば、金融機関から借りるよりも有利な条件で融資を受けることができます。

生命保険の契約者貸付制度とは?

保険会社の生命保険には、大きく分けて「積み立て型」と「掛け捨て型」の2種類があります。

前者は支払った保険金が戻ってくる保険、後者は保険金が戻ってこない保険で、契約者貸付制度を利用できるのは、保険金が戻ってくる積み立て型の保険だけです。

積み立て型の保険は、満期にならなくても解約払戻金といって、解約時にも積み立てたお金を払い戻すことができます。

ただ、お金が必要だからという理由で解約をすると、また保険に加入するときには保険料が上がってしまいますし、保険会社にしてみれば顧客の流出に繋がります。

できれば解約したくない保険加入者と、できれば解約してもらいたくない保険会社の思惑からできた制度が、解約払戻金を担保に融資を行う契約者貸付制度です。

保険加入者は保険に加入し続けることはできますし、保険加入者は顧客を失わずに済みます。

解約払戻金のある生命保険に加入していれば、契約者貸付制度を利用して保険会社からお金を借りることができる。

繰り返しになりますが、とても重要なポイントですので、しっかりと頭に入れておきましょう。

生命保険には入っているけど、解約返戻金があるかどうかわからないという人は、保険証券を確認したり、保険会社に問い合わせしたりして契約者貸付制度が利用できるかどうか確認しておきましょう。

生命保険でお金を借りるときの基礎知識

生命保険の契約者貸付制度がどのような制度なのかわかったところで、次にどのような金利でいくら借りることができるのか、どう返済すればいいのかなどの基礎知識についてご紹介します。

金利

契約者貸付制度はお金を貸す制度ですので、借りたお金には利息をつけて返済しなくてはいけません。

そのときの金利は保険会社によって違いますが、年3〜8%が相場になっています。

消費者金融で借りるときの相場は年8〜18%ですので、かなり低い金利で借りることができます。

保険会社はサービスとしてお金を貸しているだけで、そこで大きな利益を得ようとしているわけではないため、金融機関よりも金利が低くなります。

また、返済できなくなっても解約払戻金が担保になっているため、必ず回収できるというのも低金利につながっています。

利用限度額

生命保険でお金を借りるときの利用限度額は、解約払戻金がどれくらいあるかによって決まります。

通常は解約払戻金の70〜80%の金額まで借りることができます。

例えば、解約払戻金が100万円だとすると、70万〜80万円まで借りることができます。

ちなみに借りたお金を何に使うかを申告する必要はありません。

生活費に使ってもかまいませんし、結婚資金に使っても問題ありません。

ただし、返済が必要なお金ですので、浪費になるような使い方は避けておきましょう。

返済方法

生命保険の契約者貸付制度は、銀行や消費者金融のように返済期日が決まっていません。

あえて期日を挙げるとするなら、次のいずれかまでに返済しなくてはいけません。

  • 生命保険の満期日
  • 借入金額と利息の合計が解約払戻金を超える日

このいずれかに該当しても、解約払戻金や満期金から借入金額を差し引かれるだけです。

ただし、いつまでも返済しないと、利息がどんどん積み重なりますので注意してください。

返済方法は大きく分けて2種類あります

  • 全額返済
  • 一部返済

借りたお金をまとめて返すのが全額返済で、銀行の窓口やATMなどから借入金額をすべてまとめて返済します。

利息が日割りで発生するため、返済金額は日々変わります。

全額返済をするときには、必ず金額を確認してから返済しましょう。

一部返済は、貸付金残高の一部だけ返済します。

100万円の貸付金残高がある場合に、10万円だけ返すといった感じで返済します。

返済額はまず貸付金残高の利息分の支払いに充てられ、その残りが貸付金残高から差し引かれます。

契約者貸付制度のメリットとデメリット

ここまでの説明で、生命保険でお金を借りる方法について把握できたかと思います。

次に、実際に利用するときのメリットとデメリットについて、それぞれ詳しくご紹介していきます。

保険会社のサイトではメリットばかり紹介されていますが、きちんとデメリットも知っておきましょう。

メリット

  • 生命保険を解約しなくてもお金を借りる事ができる
  • 低金利でお金を借りられる
  • 審査なしで借りることができる
  • 返済期日は自由

メリットはすでに説明してきた内容と同じです。

生命保険に加入したまま現金を手にすることができるというのと、金利が低いというのが大きなメリットになります。

銀行や消費者金融で借りるよりも有利な条件で借りることができ、しかも審査はありません。

そのうえ返済期日は決まっていません。

世の中にはいくつものお金を借りる方法がありますが、自分で好きなときに返せばいいという借り方ができるのは、ほとんどありません。

返済に追われることなく好きなときに返せばいいというのも、大きなメリットのひとつです。

デメリット

  • 借りられる金額は解約返戻金の7割から8割程度
  • 借りたまま満期を迎えると満期金がほとんどなくなる
  • 借りっぱなしで返済せず放置すると解約返戻金を越え保険が失効することもある
  • 手続きをしてすぐにお金が振り込まれない

デメリットとしては、解約払戻金の範囲内でしか、借りられないということが挙げられます。

解約払戻金がほとんどない場合には、借りられる金額が小さくなります。

希望する額を上回る解約払戻金がないと、必要なだけのお金を借りることができません。

また、返済の催促がないため、ついつい返済を先送りして満期を迎えてしまうことがあります。

このとき、満期金から借入金額と利息が差し引かれてしまいますが、手元に残る金額がほとんどないということがあります。

借入金額と利息の合計が解約払戻金を超えてしまい、せっかく契約を続けられていたのに、そこで強制的に保険を失効させられることもあります。

そうなると、最初から解約していたときよりも、利息分だけ無駄にしたことになります。

また、申し込みから融資までに時間がかかります。

消費者金融のカードローンなら即日融資にも対応していますが、契約者貸付制度の場合には数日から1週間もかかります。

このため、今すぐお金が必要だという場合には利用できません。

計画的に利用すればデメリットはほとんどない貸付制度

生命保険でお金を借りることができる契約者貸付制度のデメリットについて、いろいろとお伝えしましたが、計画的な利用を行えば、デメリットを感じることはまったくありません。

「いつか返せばいいや」という感覚で利用すると、返済できずに困ることもあります。

でも、きちんと返済計画を立てておけば、満期金も満額手にすることができますし、保険が失効するようなこともありません。

「ご利用は計画的に」とよく言われますが、契約者貸付制度こそ計画を立てて利用する必要があります。

ただ、自分で計画を立てて返済できるのであれば、金融機関よりも低金利かつ無審査で借りられますので、とても優れた貸付制度です。

借入れたい金額に対して、十分な額の解約払戻金があるのなら積極的に利用したい制度です。

お金が必要だからといって生命保険を解約するのではなく、契約者貸付制度をうまく活用して、保険に加入したままお金を借りるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました