借入ジャッキー|お金の達人が教える上手な借り方

在日外国人が日本でお金に困ったら。借りる方法他、使える制度まとめました。

地球儀

最近は日本で生活をする外国人の方が増えましたよね。

日本で就職をしてそのまま暮らしているという人も珍しくなくなってきました。

そのような外国人の人たちでも、少しまとまったお金が必要になるときがありますよね。

そういうとき、銀行や消費者金融などから借りることってできるのでしょうか?

ここでは、在日外国人の方がお金に困ったとき、どこから借りればいいのかについて、借りるときのポイントや注意点と合わせて分かりやすくご紹介していきます。

このページで分かること

外国人でも日本で生活をしている場合には、問題なくお金を借りることができます。

ただし、帰国されてしまうリスクがありますので、日本人とまったく同じように借りられるわけではありません。

基本的には在留期間内で、無理なく返済できる額までしか貸してもらえません。

その他に、必要書類に在留カードもしくは特別永住者証明書などの違いがありますが、それ以外の部分に関しては、日本人が借りるのとそれほど基準は変わりません。

安定した収入があれば、借りることができますので、安心して申し込みを行ってください。

在日外国人はお金を借りることができるのか

私たち日本人が海外旅行に出かけて、お金が必要になったときに現地の銀行で「お金を借りたい」と言っても貸してもらえませんよね。

これは日本でも同じことで、基本的にはどの金融機関も外国人への融資を行っていません。

貸したお金を返さずに帰国されると、回収するのが実質不可能になってしまうためです。

このため、ちょっと旅行に来たというくらいの外国人はお金を借りることはできません。

ところが、日本で暮らしている在日外国人となると話は変わってきます。

日本で仕事をして、日本で生活をしているなら、それは日本人とほとんど変わりありません。

金融機関もお金を貸さないと利益になりませんので、外国人だからという理由だけで融資を断ることはありません。

ただし日本人と同じように借りられるかというと、そうでもありません。
外国人ならではの条件がありますので、次章ではその条件について詳しく説明します。

在日外国人がお金を借りるための4条件

  1. 日本に長くいる
  2. 安定的な収入がある
  3. 在留期間が多く残っている
  4. 日本語が話せて読み書きできる

この4点が在日外国人がお金を借りるための条件です。

それぞれの条件について、もう少し詳しく見ていきましょう。

日本に長くいる

まず重要なのは、すでに日本で長く暮らしているという点です。

これは、すでに長く暮らしているということは、生活基盤が日本にあるということです。

そうなると、これからも日本で仕事をして生活していく可能性がとても高く、融資しても大丈夫だと判断してもらえます。

安定的な収入がある

安定した収入があるというのは在日外国人に限らず、日本人であっても必須条件です。

安定収入がない場合には、返済により生活が苦しくなり、自分の国に帰ってしまう可能性があります。

このためお金を借りるためには、安定した収入を得て生活していることが条件となっています。

在留期間が多く残っている

在留期間が多く残っていることも重要です。

来月で在留期間が切れるという人に融資すると、その人は完済しないまま帰国する可能性があります。

このため、在留期間がどれくらい残っているかを確認し、その期間の範囲内で無理なく返済できる金額までしか融資してくれません。

日本語が話せて読み書きできる

銀行も消費者金融も英文の契約書を用意していません。

このため、日本語を読んで理解できる人でないと、契約書の内容を理解することができません。

契約後にトラブルにならないようにするためには、契約内容を日本語で正しく解釈する力が求められます。

在日外国人がお金を借りるのに必要な書類

上記の条件を満たしていれば、在日外国人でもお金を借りることができます。

ただし、お金を借りるには本人であることを確認する書類や、在留していることを示す書類が必要です。

このため、申込み時には下記の書類を用意しましょう。

  • パスポート
  • 在留カードもしくは特別永住者証明書

パスポートは本人確認書類として利用します。

日本人が借りるときの運転免許証の代わりになるものだと考えてください。

このため、もし日本の運転免許証を持っているなら、それを本人確認書類として提出しても構いません。

在留カードもしくは特別永住者証明書の提出もしなくてはいけません。

在留カードは日本に中長機関在留する外国人に対して交付されるカードで、3ヶ月以上滞在する場合に必要になります。

重要なのは在留期間で、残りの在留期間が短い人は融資を断られる可能性があります。

特別永住者証明書は在日韓国人・在日朝鮮人・在日台湾人に交付されるもので、こちらは日本に永住していることを証明しています。

このため、審査を受けるときには日本人と同等の条件で借りることができます。

在日外国人がお金を借りやすくするためのポイント

在日外国人でも借入条件を満たし、必要書類を用意できるなら、お金を借りることは可能だと分かってもらえたかと思います。

ただし永住者でない限り、いつ帰国されるか分かりませんので、金融機関は「できれば貸したくない」のが本音です。

このため、外国人ならではの借りやすい環境を整えて申し込むようにしましょう。

そのためにどうすればいいのか3つのポイントをご紹介します。

日本のクレジットカードを作っておく

銀行も消費者金融も無担保ローンは信用をベースに融資を行います。

このため、過去の金融取引をチェックして、きちんと返済しているかどうかを確認されます。

ところが外国人の場合には、金融取引の実績がなく、日本でいうスーパーホワイトと呼ばれる状態にあります。

金融機関にしてみれば、信用できる人なのかどうかが分からないため、審査で落とすということがよくあります。

これを回避するために、日本でクレジットカードを作り、そのカードを使って支払いを行って、取引実績を作っておく必要があります。

面倒に感じるかもしれませんが、信用を作らないことには審査では不利になってしまいますので、まずはクレジットカードで信用を作ってから、金融機関からの借入れを行いましょう。

メインバンクで相談する

いますぐお金が必要な場合には、クレジットカードを作っている場合ではないですよね。

そういう場合には、メインバンクにしている銀行から借りましょう。

ポイントはネット申し込みではなく、窓口で申込みをするということです。

窓口で行えば、日本語をきちんと理解できている在日外国人であることを分かってもらえます。

日本で暮らす意志があることも伝わります。

メインバンクを利用するのは、安定した収入があることをすでに銀行が把握していますので、審査でプラスになるためです。

しかも、実質的に給料を担保にしているような形になり、銀行側のリスクが下がります。

これによって、在日外国人でも借りやすくなるというわけです。

銀行からお金を借りるには。カードローンだけじゃない、様々な銀行融資について
銀行からお金を借りるときには、まず思いつくのがカードローンですよね。無担保かつスピーディに融資を受けることができます。でも銀行には他にも用途に合わせて利用できる商品がいくつもあります。ここではそんな銀行で利用できる融資情報をまとめています。

メインバンク以外の銀行は避けて消費者金融で申し込む

メインバンクで借りられなかった場合には、消費者金融から借りましょう。

在日外国人が日本でお金を借りる場合には、銀行か消費者金融のいずれかから借りることになりますが、消費者金融は金利を高くすることで審査のハードルが低く設定しています。

銀行は絶対に回収できると確信している融資しか行いませんが、消費者金融は多少リスクをとっても幅広く融資を行います。

このため在日外国人のような借りにくい属性の人が利用するなら、消費者金融のほうが適しています。

消費者金融で借りるときも、できるだけ窓口で相談しながら申し込みを行ってください。

インターネット申込みですと電話応対が発生しますので、高い日本語能力が求められます。

日本語の理解に少しでも不安があるなら、窓口での申し込みがおすすめです。

消費者金融でお金を借りるメリット。銀行にはない金利やサービスなどについて
即日でお金を借りることができるなど、とても使い勝手のいい消費者金融。銀行よりも金利が高いというデメリットはあるものの、それを上回るメリットがいくつもあります。ここではそんなメリットをご紹介しながら、利用時の注意点について解説しています。

国の制度を利用してお金を借りる

ここまでは銀行や消費者金融などの民間からの借入れを前提にご紹介してきましたが、実は外国人であっても国の制度を利用した借入れも可能です。

その制度が下記の2つです。

  • 日本政策金融公庫から借りる
  • 生活福祉資金貸付制度から借りる

日本人でもあまり把握していない制度ですので、それぞれ簡単に説明していきます。

日本政策金融公庫から借りる

日本政策金融公庫は事業を展開するときに利用できる制度で、日本ですでに事業展開している仕事に対して融資を受けることができます。

ただし、誰でも利用できるのではなく、就労ビザと「経営・管理」の在留資格が必要になります。

また、事業の継続性なども日本人以上に重視されますので、事業経歴や日本でどれだけ長く暮らしているかなどが問われます。

借りる条件を満たしていれば、審査基準は日本人と変わりません。

事業計画とどれくらいの自己資金があるかを確認されますので、しっかりとした事業計画書を作成し、自己資金も貯めて安定した事業を展開していることをアピールしましょう。

国民生活金融公庫から借りる方法。意外に知らない国金の利用方法を解説
これから起業しようという人は、まだ信用がないため銀行ではお金を借りることができません。このため、国民生活金融公庫を利用して融資を受けることになります。ここではそんな国民生活金融公庫の利用方法について、分かりやすく解説しています。

生活福祉資金貸付制度から借りる

事業資金ではなく、生活資金が不足した場合には生活福祉資金貸付制度を利用できます。

ただし、この制度を利用するには、低所得世帯で現在地に6ヶ月以上居住して、将来も永住する見込みがある人だけです。

利用する条件が厳しいですが、該当する場合には低金利でお金を借りることができます。

利用するにはまず、市区町村社会福祉協議会での相談が必要です。

どこにあるのかわからない場合には、市役所などに問い合わせを行ってください。

市役所でお金を借りるには?役所経由で申し込み可能な公的支援制度について
銀行や消費者金融で融資を断られた人は、生活福祉資金貸付制度を利用して、市役所でお金を借りることができます。ただし、使用用途に制限があり、誰でも借りられるわけではありません。どのような人が、どんな使用用途で利用できるのか解説しています。

在日外国人でもお金を借りることはできる

在日外国人でも日本に生活基盤がある場合には、お金を借りることができるということを理解してもらえたかと思います。

ただし、外国人ならではの借りにくさというものも感じられたのではないでしょうか。

ただし、お金を借りるのが難しいのは日本人も同様です。

消費者金融の場合、申込みをした人の半分が審査で落とされています。

少しでも条件の悪い人は簡単に審査落ちしますので、借りられない可能性も頭の片隅に置いておきましょう。

とはいえ、安定した収入があり、日本での生活も長いのであれば、高額な借入れでもない限り、融資を受けるためのハードルはそれほど高くありません。

窓口で相談しながら申し込みを行えば、申込みでのミスを防ぐこともできますし、審査する側も安心できます。

少し面倒でも、できるだけ銀行や消費者金融の窓口で申し込みを行いましょう。

借り入れするときには、できるだけ少額にしておくのもポイントです。

審査で不利になりますので、在留期間内で無理なく返済できる額で申し込みしてください。

タイトルとURLをコピーしました