借入ジャッキー|お金の達人が教える上手な借り方

ブラックでもお金を借りたい。絶対困難な状況で、お金を調達する方法

三角座りで落ち込む女性

お金を借りたあと、何らかの事情で遅延、延滞、または債務整理などで借金を返済しなかった場合、ブラックリストに載ってしまい、金融機関からお金を借りることができなくなります。

でも、そういう人だからこそ、生活の立て直しにもお金が必要になりますよね。

では、ブラックになってしまった人がお金を借りたいときにはどうすればいいのでしょう?

お金を貸してくれるところはあるのでしょうか?

ここではブラックの人が安全にお金を借りる方法についてご紹介します。

このページで分かること

ブラックになっても中小の消費者金融なら柔軟に審査してくれるため、安定した収入がある人ならお金を借りることができます。

ただし借りられる額は少額ですし、計画的に利用しないとブラックの期間がいつまで経っても終わらないという状態になります。

できれば金融機関からではなく家族などを頼って、ブラックの期間が終わるのを待ちましょう。

自己破産以外の金融事故なら5年、自己破産でも10年でブラックリストから抹消されます。

それまではお金を借りなくても済むように、自分で積み立てなどを行っておきましょう。

それでもお金が必要になった場合には、無理に借りるのではなく弁護士や司法書士に相談して、債務整理も検討するようにしましょう。

ブラックというのはどういうこと?お金は絶対に借りられない?

ブラックの人がお金を借りる方法をご紹介する前に、まずはブラックというのがどういう状態なのかについて簡単に説明をしておきます。

私たちが金融機関からお金を借りた場合、その取引の情報はすべて個人信用情報機関で管理されています。

そしてその情報は個人信用情報機関に加盟している金融機関なら、いつでも確認できるようになっています。

A社でお金を借りているときに、B社からも借りる必要が出たとします。

そのとき、B社は個人信用情報機関に問い合わせをして、現在の借入状況に問題がないかを確認します。

A社への返済を滞りなくしていれば「この人は大丈夫」と判断します。

反対に遅延や延滞を繰り返している履歴がある場合には、危険人物と判断されます。

過去に債務整理をした履歴がある人も同様です。

このような履歴が残っている状態を「ブラックリストに載る」と呼び、どの金融機関も融資を断るわけです。

ここでポイントになるのは、ブラックで融資を受けられないのは金融機関が判断しているという点です。

自主規制のようなもので、法律で決められているわけではないということです。

ブラックになってしまう理由

ブラックリストに名前が載る理由をもう少し詳しく見ていきましょう。

  • カードローンの返済をしなかった
  • クレジットカードの支払いが滞った
  • 消費者金融の返済をしていない
  • 多重債務がある
  • 自己破産など債務整理をした
  • 携帯電話料金の支払いが滞っている
  • クレジットカードの利用停止

この中で少し分かりづらいのが多重債務でしょうか。

多重債務というのは、複数の金融機関から借りている状態のことをいいます。

高額な借入れがなくても5社以上から借りている人は、それだけで要注意人物としてリストアップされます。

5社への返済をしていると、それだけで月々の返済額が大きくなりますし、そもそもお金の管理がきちんとできていないから、そのような借り方をしてしまいます。

金融機関はお金に対してルーズな人を嫌いますので、多重債務者はブラックとして扱われます。

また最近増えているのが、携帯電話料金の支払いが滞っていることによるブラックです。

携帯電話料金のほとんどに端末の分割払いが含まれていますので、滞納するということはスマホ本体などのお金を払っていない状態になるため、ブラックになってしまいます。

このように思わぬところでブラックになっていますので注意してください。

ブラックリストから名前が抹消されるまでの期間

ブラックリストに載ってしまうと、ずっとお金を借りられないというわけではありません。

一定期間が過ぎると、金融事故の履歴は個人信用情報から自動的に消去されます。

どれくらいで消えるかは金融事故の内容と個人信用情報機関によって違います。

債務整理をおこなった場合
CIC:5年(自己破産は免責から7年)
JICC(日本信用情報機構):5年
KSC(全国銀行個人信用情報センター):5年(自己破産は免責から10年)

延滞した場合
CIC:完済から5年
JICC(日本信用情報機構):完済から5年(3ヶ月未満は1年)
KSC(全国銀行個人信用情報センター):完済から5年

自己破産でなければ5年、自己破産の場合は10年経過するとブラックリストから名前が抹消されると覚えておきましょう。

実際に自分の金融事故履歴がどの個人信用情報機関で管理されているかは問い合わせをすれば分かります。

CIC、JICC、KSCそれぞれに情報開示請求を行って、自分の個人信用情報を確認しておきましょう。

請求方法は個人信用情報機関のホームページに記載されています。

ブラックでも借りることができる消費者金融

すでにお伝えしましたように、ブラックだからといって融資をしてはいけないという法律はありません。

このため、中小の消費者金融はブラックの人であっても、安定した収入があり、無理のない返済ができるならお金を貸してくれます。

ここではブラックでも安全に借りることができる、中小の消費者金融をご紹介します。

おすすめの中小消費者金融1.キャレント

ブラックだけどお金を借りたいという人の多くが『できるだけ早く!』と思っているのではないでしょうか?

そんな方におすすめの中小消費者金融が、24時間365日対応してくれるキャレントです。

キャレントはネットで借り入れができ、わざわざお店まで行く必要がありません。

ネットでの借り入れ診断もわずか3秒、3項目の入力で借りられるかどうか判り、申し込みの入力が3分しかかかりません。

ローンカードの発行がなく、保証人・担保不要で、14時までの申し込みなら即日指定口座に振り込みしてくれるのです。

金利も大手消費者金融とそれほど変わりませんので、ブラックでも心配なくお金を借りる事ができます。

金利:年7.8%~18%
融資限度額:1万〜500万円

キャレント:https://www.ca-rent.jp/lp/06/

おすすめの中小消費者金融2.セントラル

中小消費者金融というと利息が高いイメージが強いですが、始めての利用は30日間金利0円で借りることができるのがセントラルです。

セントラルは24時間365日、自宅からWEBで申し込みができるほか、契約もWEBで完結します。

審査を通過して契約手続きをすると、セントラルからCカードが送られてきますので、セントラルのATM、またはお近くのセブンイレブン「セブン銀行」から引き出すことができます。

返済もセブン銀行を使えますので、いつでもお手軽に行なえます。

セントラルATMも続々開設しているので、関東圏の方には特におすすめの中小消費者金融になります。

金利:年4.8%~18%
融資限度額:1万〜300万円

セントラル:https://011330.jp/?utm_source=affiliate&utm_medium=a8&utm_campaign=text

おすすめの中小消費者金融3.フタバ

融資額は10万円から50万円を低く抑えることで、ブラックでお金を借りたい人でも柔軟に審査している中小消費者金融がフタバです。

実際に多くのブラックになってしまった人が利用しています。

もちろん保証人や担保も不要で、ネットや電話で申し込みができます。

申し込みから返済まで来店する必要がないため、忙しい人にも便利な中小消費者金融です。

50万円の借入れだと考えると金利も大手消費者金融と変わりませんので、どこからも借りられなかった場合に、まずは問い合わせをしてみましょう。

金利:年14.959~17.950%
融資限度額:1万〜50万円

フタバ:https://www.822828.jp/?sid=52

金融機関以外でお金を調達する方法

中小の消費者金融ならブラックでも借りられることがありますが、ただすべての人が借りられるわけではありません。

安定した収入があり、返済ができるということが大前提ですので、きちんと審査をされて、融資を断られることもあります。

そういうときには、金融機関以外から調達しかありません。

とはいえ、金融機関以外といってもどこから調達すればいいのか分からないという人も多いかと思います。

ここでは、そんな人のためにブラックの人におすすめの調達方法をご紹介します。

質屋からお金を借りる

もし手元にブランド品や宝飾品などの価値のあるものがあるなら、それを質屋に預けてお金を借りるという方法がおすすめです。

質屋は担保とってお金を貸すので、ブラックでも関係なくお金を貸してもらえます

金利がやや高いのが難点ですが、最近は月2%以下で貸してくれる質屋も増えてきました。

気をつけたいのは、きちんと返済を行わないと、預けたものが質流れしてしまうということです。

一度質流れをしてしまうと、それを取り戻すのはほぼ不可能です。

返済できるかどうかあやしいときには、大切なものを質に預けないようにしてください。

質屋でお金を借りる前に!意外に知らないデメリットや注意点まとめました
質屋はブラックの人でもお金を借りることができますが、銀行や消費者金融と比べると金利が高く、返済できなかったときには質入れしたものを手放すことになります。ここでは、そのようなデメリットも含めて、質屋の正しい利用方法をご紹介しています。

親族や友人から借りる

金融機関に頼れないなら、周りにいる人たちを頼るという方法もあります。

個人間融資は禁止されていませんので、親族や友人から借りても法律違反にはなりません。

ただし、返せなかったときのリスクが大きいというデメリットがあります。

約束どおりに返済できなかったときには、友だちを失う可能性もありますので、返済が遅れそうなときなどには、誠実な対応を心がけてください。

また、何度も借りてしまうと信用を失います。

この方法で借りられるのは1回だけだと考えてください。

また、トラブルを避けるためにきちんと借用書を作るようにしましょう。

手書きでもいいので、いくら借りたのか、いつまでに返済できるのかを書いて、お互いに保管しておくようにしてください。

【注意】人からお金を借りる時に気をつけたいルールやマナーについてまとめました
お金に困ったときに、家族や知人からお金を借りる人もいるかと思います。無利息もしくは低金利で借りることができる借り方ですが、気をつけるべきルールやマナーがあります。ここではどのような点に気をつければいいのかについて解説しています。

家族に借りてもらう

自分で借りられないなら、家族に借りてもらうという方法もあります。

借金というのは個人の問題ですので、自分がブラックになっても家族にはまったく影響がありません。

ただし、名義貸しの状態にならないように注意してください。

あくまでもお金を借りるのは家族であり、自分自身は家族から借りるという形にしておかないと、家族までブラックになってしまう可能性があります。

また、家族に仕事をしている人がいるなら、クレジットカードの家族カードを作ってもらうという方法もあります。

家族カードは本人会員の信用度で融資の可否が決まりますので、自分がブラックであっても作ることができます。

ただし、クレジットカードによっては家族カードにキャッシング枠を付けられないこともありますので、きちんと下調べを行った上で家族カードを作ってもらいましょう。

また、借りたお金の請求は本人会員である家族に行きますので、お金を借りたらきちんと家族に返しましょう。

ブラックの人が利用してはいけない借り方

ブラックになっても周りに頼れる人がいるならいいのですが、誰も頼れないという人もいますよね。

そうなってくると、貸してくれるならどこからでも借りたくなってしまいます。

闇金業者と分かっていても、とにかくお金が必要だからと利用してしまいます。

  • 闇金業者
  • 車金融
  • 090金融
  • 個人間融資

これらはいずれも「ブラックOK」としていますが、「ブラックが借りても大丈夫」というわけではありません。

闇金業者は法外な利息を請求されるだけでなく、様々な手口を使ってお金を徹底的に搾り取ろうとしてきます。

車金融は「車に乗ったまま」借りることができますが、自動車を担保にしていますので、返済できなくなったときには当然車を取られてしまいます。

しかも名義変更の手数料が発生します。

リスクが大きい借り方ですので、これもNGです。

090金融は固定電話を持たずに融資を行っている業者で、こちらは闇金業者と同じです。

個人間融資も融資を行っているのは闇金業者がほとんどですので、利用するのは危険です。

さらに個人間融資には詐欺師も混じっていますので、かなりの確率でトラブルに巻き込まれます。

ブラックであることに付け込んでお金を貸そうとしている業者は、すべて危険な相手だと考えてください。

どこからも借りられなくなったとき、ついつい利用したくなりますが、そういう場合でも絶対に利用しないように気をつけましょう。

※利用厳禁!闇金からお金を借りる方法。違法業者の取り立てや悪徳手口について
どこからもお金を借りることができなくなると、危険とわかっていても闇金からお金を借りる人がいます。でも闇金業者は、様々な方法でお金を搾り取ろうとしてきます。ここでは、闇金を利用することで、どのような危険性があるのかについてまとめています。

お金を借りるだけでなく債務整理も考える

ブラックになって、それでもすでに背負っている借金の返済をするためにお金が必要というような状態になったら、それはすでに詰んでいる状態です。

その場合には、無理に借入れをするのではなく債務整理も考えましょう。

債務整理をすると家や車を失うのでは?と思うかもしれませんが、それは自己破産の場合だけです。

他にも任意整理・特定調停・個人再生などの債務整理方法があり、資産を失わずに借金を整理することができます。

弁護士や司法書士などに依頼して手続きを行うため費用が発生しますが、きちんと債務整理することで借金地獄から解放されます。

借金問題に詳しい依頼先をご紹介しますので、困ったときには相談してみてください。

おすすめの債務整理相談先【ライズ綜合法律事務所】

ライズ綜合法律事務所は、借金問題で悩んでいる方の強い味方になってくれる法律事務所で、ネットを使って借金をいくら減額できるか、匿名・完全無料で診断してくれます。

24時間いつでもスマホやパソコンで診断できるほか、法律の専門家が最適な債務整理の方法を提案してくれます。

個人の借入状況にもよりますが、例えば、借金を減らすことができ、毎月の支払額を減額など、資産の差し押さえも防ぐことができます。

ライズ綜合法律事務所なら色々な状況にも柔軟に対応してもらえますので、家計と生活の立て直しが可能です。

ブラックで借金問題に悩んでいる方は、ライズ綜合法律事務所で借金生活から抜け出すための第一歩を踏み出してみましょう。

ライズ綜合法律事務所:https://risesogo.jp

ブラックなら借りなくてもいい環境を整えておこう

ブラックでも安定した収入があれば、中小の消費者金融からお金を借りることができます。

ただし、安易に借りてしまうと、いつまで経ってもブラックの状態から抜け出すことができなくなります。

クレジットカードの更新もできなくなりますし、生活に支障をきたします。

どうしようもないときにはお金を借りるしかありませんが、きちんと返済できる目処を立ててから借りるようにしましょう。

返済できそうにないなら、無理に借りるのではなく弁護士や司法書士に相談するようにしてください。

また、毎月1万円でもいいので積立も行っておきましょう。

1年間継続すればそれだけでも12万円になります。

これがあれば、いざというときに闇金業者などから借りなくても済みます。

金融事故の履歴が消えてブラックリストから抹消されるまでは贅沢を控えて、借りなくてもいい環境を整えておきましょう。

【本当?】債務整理中でもお金は借りれる?どうしても必要な時の手段と方法
債務整理中にお金を借りると、債務整理の手続きが止まってしまう可能性があります。弁護士や司法書士が手を引くこともありますので、金融機関からの借入れをしてはいけません。それでもお金が必要なときの調達方法についてまとめました。
タイトルとURLをコピーしました